一橋MBA(HMBA)の受験記と入学後の日々

一橋MBA(HMBA)について、 受験、大学院での授業や日々の生活に関することを書いていきます。 HMBAを受験する予定の方に参考となる情報を提供できれば幸いです。

HMBAのプログラム変更について

HMBAでは来年度からプログラムが変わるらしいので注意が必要です。

 

まず、定員数が変わります。

基本的に、新卒は40名程度募集するプログラムの方しか受けられないので注意しましょう。神田の方のプログラムは社会人経験のある方のみになっているはずです。

このため、合格者数が減るので結構勉強しておかないと合格は厳しくなるはずです。

また、人数が少なくなるので集団の同調圧力(集団の凝集性)が高まるかもしれないです。現在は同じ授業でも二つに分かれていたりしますが、おそらく来年度からは、同期と常に同じ授業に出る状況になると思うので、馴れ合いとかが嫌いな人は注意しましょう。

 

次に、開講科目が変わります。

開講科目は現在より少なくなるらしいので、説明会なり電話でなり開講科目について聞いた方が良いです。受けたい授業がなくなった場合、入学後にがっかりしてしまう状況は避けましょう。また、基本的に神田のキャンパスで開講される授業は受講できないので、その点にも注意が必要です。

 

また、英語が必修科目になります。

英語のコミュニケーションに関する授業が必修になるはずです。なので、絶対に英語の授業を受けたくない人は早慶ビジネススクールとかに行った方が良いと思います。ただし、強制的に英語をさせられることは、苦手意識を持つ人とって殻を破るいい機会だと思いますので英語嫌いな型でも受験してみてください。

 

とりあえず、今わかることはこんな感じでしょうか。