読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一橋MBA(HMBA)の受験記と入学後の日々

一橋MBA(HMBA)について、 受験、大学院での授業や日々の生活に関することを書いていきます。 HMBAを受験する予定の方に参考となる情報を提供できれば幸いです。

HMBAの筆記試験~英語編~

卒論などで更新が遅れてしまい申し訳ありません。

 

今回は、HMBAの英語の試験対策について書いていきます。

 

今年のHMBAの英語試験では、長文を読んで英文和訳と下線部の説明が出題されました。英文和訳と寡占部の説明が3題ずつでました。この傾向が今後も続くことを想定して対策を書いていきますが、おそらく、皆さんの英語のレベルは異なると思いますので、レベル別の対策を書いていきます。

 

英語レベル初級(TOEIC~500点未満)

このレベルの方は、おそらく英語の基礎である英単語が足りていない方だと思います。

 そこで、まずは英単語の絶対量を増やしていきましょう。

そのための、おすすめの英単語集を紹介していきます。

 

システム英単語

 この英単語集をお勧めする理由は、2~3語からなる短いフレーズで英単語を覚えられるからです。

短いフレーズで覚えられることには良い点が2つあります。

1、他の単語と関連付けてセットで覚えやすい

2、短いため記憶に残りやすい

 

この単語集を使用することで効率的に英単語が覚えられると思います。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 
システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

 

 

②英単語スピードマスター

この英単語集をお勧めする理由は2つあります。

1、ビジネス関連の英単語が豊富に乗っていること

2、TOEICの対策にもつながること

 

この単語集だけでHMBAとTOEICの対策ができるのでお勧めです。

TOEIC(R)TEST英単語スピードマスター NEW EDITION

TOEIC(R)TEST英単語スピードマスター NEW EDITION

 

 

まとめると、

英単語を効率的にたくさん覚えたい方はシステム英単語

TOEICの対策もついでにしたい方は英単語スピードマスター

 

是非参考にしてみてください。

 

 

英語レベル中級(TOEIC500~800点)

 このレベルの方は

短い文だとある程度読めるけど、長文となると理解が浅くなるという方ではないでしょうか。

そこで、長文をより深く理解するためにどうすればいいかについて、その方法を記述していきます。

長文が上手く読めない方は、おそらく読めない文と読める文があり、読解の途中で本文の内容がよくわからなくなってしまっているからだと思います。

 

対策として、

 

①精読する癖を身に付ける

読解力向上のために、多くの英文を読み問題を解きたいという気持ちで、精読なんてやってられないと感じる方がいらっしゃると思いますが、まずは一文一文を精読することで最初は時間がかかりますが次第に素早く丁寧に本文を読むことができるようになります。

おすすめの教材は、大学受験の過去問です。

英文全文の和訳付きの過去問で精読の練習をするとよいです。

基本的に難しいので、読解力がつきます。

 

②幅広い知識を身に付ける

長文が読めない方の特徴として、そもそも本文の内容に関する知識がまるでないことが考えられます。例えば、理系の専門知識がない人が科学の専門的な英語論文を理解することは非常に難しいです。なので、浅くても良いので、幅広い分野の知識を身に付けることが大事です。

 

英語レベル上級(TOEIC801~990点)

このレベルの方は、HMBAの英語試験で落ちる点数は取らないので特段対策は必要ないです。強いて挙げるならば、適宜英文を読んでおくことでしょうか。

 

次回は小論文対策について書いていきます。